文明.臺灣.環保.弱勢.文化.改變ing

2012-10-27

轉載/圓環文化工作室日語、台語迪化街導覽


《第三十九次導覽報名》迪化街ぶらり--南街と貴德街散策(中国語/日本語ガイドツアー)

集合時間:2012/11/24 (土) 午前10時

活動時間:午前10時~12時

申込み時間:2012/11/01夜9時より

集合場所:建成円環ロータリー(寧夏路1号)

予定人数:25人(中国語15人、日本語10人)

主催者:水瓶子

中国語ガイド:邱董

日本語ガイド:品客魚(Annie)

費用:無料



1851年、大稻埕の始まりはわずか3軒の店舗だった。清朝、日本統治時代、そして民国時代を経ったこの街の建物は、それぞれ独特の風情が漂っています。町の古い写真を持ち歩きながら、大稻埕の昔の街並みを想像してみてはいかがでしょうか。(ガイドツアーは11月24日の「迪化南街と貴德街散策」と12月22日「迪化北街と大橋頭散策」の2回分けて開催します。)



今回のポイント

1.霞海城隍廟と迪化南街:大稻埕が繁華街になることができたのは、霞海城隍爺のおかげだと言われてます。

なので毎年旧暦5月13日城隍爺巡礼の日には、迪化街がいつも大勢の信者で賑わってます。

2.法主公廟と貴德街のお茶屋:20世紀初頭の貴德街は、茶街として大稻埕に繁栄をもたらした。最初は河畔に洋館を建てられ、次第に地元商人も水沿いに豪邸を続々と建てました。賢い茶商たちは自分のお寺―法主公廟まで作って、組合として働かせました。

3.円環(ロータリー)と寧夏路夜市の露店:昔の円環は、庶民の味を楽しめる台北の台所でした。円環が取り壊されてから、中の露店が台北市内にバラバラに分散したが、その精神を引き継いだ寧夏路夜市は最近、人気が集まってます。



《第三十九次導覽報名》迪化街ぶらり--南街與貴德街散策(中文、日文導覽)

集合時間:2012/11/24 星期六 上午 10:00

活動時間:上午10:00-12:00

報名時間:2012/11/01晚上9點

集合地點:建成圓環(寧夏路1號)

預計人數:25人(中文15人、日文10人)

集合人:水瓶子

中文導覽:邱董

日文導覽:品客魚

費用:免費



1851從三間商號開始,大稻埕歷經清朝、日治、民國,建築風貌也隨著時代的不同而各有特色,我們帶著老照片一起到迪化街走走,多一些想像,大稻埕往日風華就會在腦中出現。

(導覽分為兩次舉行,11月24日「迪化南街與貴德街」及12月22日「迪化北街與大橋頭」)



導覽重點

1.霞海城隍廟與迪化南街:在霞海城隍爺庇佑之下,大稻埕邁向走向繁華興盛,每年農曆五月十三城隍爺出巡、迪化街人看人,代表著信徒對城隍爺的感念。

2.法主公廟與貴德街茶行:大稻埕起於茶葉貿易,洋人首先於河畔興建洋行,華商接續興建水畔宅邸,華人茶商並建立法主公廟,整合茶郊事務。

3.圓環與寧夏夜市露店:圓環因露店聚集而生,老圓環拆除、老店四散,而寧夏夜市延續圓環的精神,持續成長。






總共有1個意見

  1. 匿名 @ 10/31/2012 5:23 上午

    建成圓環呀....
    曾經是日本時代最繁華的夜市,
    兩把無名火後漸走下坡,
    而後馬市府再加諸在它身上的不良設計,
    歷史也好,文化也好,商圈也好.
    幾乎已經被摧毀殆盡了.
    最近幾次有次又看它有搞新花招,
    但關了再開,開了又關.
    只能講,
    老台北人的回憶,
    新台北人的痛呀.
    但還是歡迎日台朋友有空一起共襄盛舉,
    回憶它曾經的繁華.