文明.臺灣.環保.弱勢.文化.改變ing

2008-07-05

東京論壇閉幕記者會,余晏與藏、日、澳政壇籲中國回應人權自由



日本東京西藏論壇閉幕時,余晏與澳洲議員Peter Slipper, 西藏流亡政府外長長格桑央吉,日本員西藏聯線主席前民主黨議員Seishu Makino四人共同主持閉幕記者會。呼籲胡錦濤正面回應西藏的人權要求,簡余晏強調,台灣是非常民主自由社會,中國卻以一千四百顆瞄準,台灣人非常理解西藏人民的苦痛,也願意全力支持自由民主人權的普世價值。




總共有2個意見

  1. 匿名 @ 7/08/2008 4:41 下午

    加油!簡議員

    台灣正是需要像您一樣有骨氣、肯為真理說話的人

  2. Blisa @ 7/08/2008 9:10 下午

      
      
    余晏 好
    有人做如是觀——

     しかし実際には、イギリスがドイツの台頭を抑えるために第一次世界大戦を画策して以来、米英中心の体制は、米英が中心であり続けるために戦争を連続的に起こさざるを得ず、冷戦体制を維持するために親米諸国で独裁体制が奨励され、米中枢の冷戦派と多極派の暗闘でベトナムやイラクの戦争が泥沼化された。


    (中国の「チベット弾圧」も、チベットが英領だったインドの北にあり、イギリスが中国を混乱、弱体化させるため、1950年代からチベット人組織を操ってきた。チベットの旗を掲げて欧米の町や東京でデモ行進する人々は、実はイギリスの策略に、知らずに乗せられている)